Rな日常


映像で社会をかえていこう!『MediR』が今、アツイ。
by medir

カテゴリ:講座のようす( 14 )

medir video showing


 今日は市民メディアセンターメディアールの上映会でした。今まで「長期ドキュメンタリー制作過程」と「ビデオ中級講座」と「三分ビデオ講座」などの卒業生のみなさんと一緒に製作中の作品や試験的につくってみた作品をみんなでお披露目しつつ批評しあう会でした。

■地域支援型農業について
 農業に関してつくられた方は地域支援方農業というものについてとか、地域通貨としての農業とかについて取材されていました。しかし、地域通貨といっても数十人規模でまわっているだけではダメみたいで、やはり村とか町単位で地域通貨が流通しないと成功しないんだそうですー。
 


■障害者と居場所
 障害についてつくられた作品はある障害者を支援するホームの記録でした。帰る場所のない障害者の居場所についてや親が死んだ後の子どもの将来などにフォーカスするともっと明確になるのでは?という意見でした。後、障害をもった人を美しく描きすぎる事はよくないよねえ・・・という意見もあったりした。


■在日の本音
 若い女性二人組のつくった朝鮮学校無償化除外についてのドキュメンタリー。「朝鮮学校ってどんなイメージですか?」という質問に答える日本人の人々の様子が面白いし、また在日朝鮮人(韓国人)の若者たちのインタビューもとても面白い。メディアで報じられるイメージに無いものがそこにとても鮮明に映し出されていてびっくりした。
 排外主義反対の運動については「それはそれでいいんだけれど、一般の人には届いていないと思う」と言っていて激しく同意。自分も含めて何か自己満足のマニアックな運動になっていると思う。
 市井の人々にみてもらえる作品を目指して制作中との事です!

 同じく在日をテーマにした作品で、元々ヤクザさんをしていた在日の男性を追った映像もある。日本社会で生き抜いてゆくことについてどんなインタビューが撮れるのかとても興味深い。




■都会の中の自然
 元々テニスコートだった場所を市民の手で水田にしてみたその過程を記録した映像。開発の逆バージョンみたいなことなのかな?

f0158570_20164995.jpg
 





 今回上映された作品は製作中のものも多くありましたが、制作過程から上映活動まで幅広くサポートしてゆけたらと思っています。また9月末に上映と批評をやろうと思っているので、メディアール卒業生にかかわらずぜひみなさんの広い参加をお待ちしていますー。
 今後も楽しみですね!
[PR]
by medir | 2010-08-09 20:13 | 講座のようす

木下順二

昨日2/19(土)は、MediR松本昌次と読む珠玉の戦後文学エッセイ 講座でした。
講座第二回は木下順二。
MediRスタッフ米てきには、高校時代に舞台を見てかなり感銘を受けた「子午線の祀り」の朗読が興奮しました☆
講師の松本さんと20名弱の参加者とのディスカッションも盛り上がりました。

しかも米の知り合いの女優さん(東京演劇アンサンブル)も来て下さっててびっくり嬉しい再会でした。
f0158570_156944.jpg

(朗読中の様子)

ちなみに東京演劇アンサンブルの木下順二追悼公演で「山脈」を3月20日~31日にやるそうです!今から楽しみです。
[PR]
by medir | 2010-02-20 23:59 | 講座のようす

新春3分ビデオ

2010年初の講座はMediR3分ビデオ講座でした。
f0158570_16411150.jpg

よく見ると、講師の土屋トカチさんがNHKから取材を受けてます・・・っ
[PR]
by medir | 2010-01-11 16:39 | 講座のようす

一人ひとりが主人公のメディア〜講座報告レイバーネットに

1月6日の講座「民衆メディアは何ができるか?〜レイバーネット・ユニオンチューブの挑戦」(講師=松原明・写真下)に参加したYさんが、熱いレポートをレイバーネットに書いてくれました。こちらで読めます。(ラビ)
f0158570_13365675.jpg

[PR]
by medir | 2009-01-11 13:26 | 講座のようす

長期ドキュメンタリー講座で・・・

今日の講座、「長期ドキュメンタリー制作過程」は編集作業日でした。
でも、作業の合間に、ケン・ローチ監督の短編映画を見せてくれた講師の藤井光さんのことばが、なんだかとても印象的でした。
映画は、1973年9月11日のチリ・クーデターのことを語ったもの。沢山の人が拷問され、殺害された事を映像で語っていました。

長期ドキュ生は今、最初の編集作業に入ろうとしています。
編集という孤独な作業。自分の作品の中に没頭して、殻に閉じこもる作業のはじまりです。
でも、同時に私たちの生きる社会では、ガザの爆撃があり、たくさんの人が死んでいる。
どんなに私たちが没頭しようと、同じ地球上で、社会は動いている。それを忘れないでほしい。
そんな願いのメッセージが、藤井さんが突然思い立って見せてくれた映画の中にありました。

f0158570_002155.jpg


日々の生活に追われて、自分をまもること、自分の一番近い周辺を整えることで精いっぱいな中で、
自分のいま一番大きな問題への関心と、「それ以外」への関心が、ものすごく大きな差をもって迫ってきます。
日常のとても「大きな」自分の問題しか見えなくなって、小さな部屋で、鬱々と、堕ちてゆく。
危険な日常は、狭い暗い部屋の中で、社会と個の断絶を自然にさせます。
だからこそ、映画とともに伝わってきた、藤井さんのことばが、とても響きました。


いいこちゃんになりたいわけじゃないけど、

ドキュメンタリーって、すごいな。


自分を守ることばかりではなく、「ムズカシイ話題」「社会的なモンダイ」にも、
少しぐらい目を向けなくちゃな、そんな気になった人が、ここに約一名。

(ぽ)
[PR]
by medir | 2009-01-11 00:11 | 講座のようす

2009年の初講座☆

みなさま、あけましておめでとうございます☆
今日は今年初めての、3分ビデオの講座の日でした。

f0158570_22262133.jpg
今日は編集。終わったあとも、楽しそうにまだしゃべってますョ。

(ぽ)
[PR]
by medir | 2009-01-05 22:26 | 講座のようす

12月23日(祝)はケータイ動画ワークショップ

f0158570_20503750.gif

(このアニメーションを着信画像に設定したい場合→右クリックして「GIF」形式で保存、添付ファイルで携帯に送信、着信画像に設定。※下記内容とは無関係です)

クリスマスカードに年賀状、もう準備は終わってますか?

MediRでは、ケータイ動画をパソコンで加工し、クリスマスメール、年賀状メールを送る方法を学ぶワークショップが行われます。

日時  12月23日(祝) 13:00~16:00
講座名 「ケータイ動画ワークショップ
     ―クリスマス&年賀メールを送ろう

講師  林綾美(MediRスタッフ、恵泉女学園大学長期FSビデオ講座講師。)
対象  パソコンのクリック操作ができる方。映像編集初心者歓迎。
受講料 2000円 (会員1500円)


携帯電話の動画機能を使って撮影し、パソコンに取り込み無料ソフトで編集。
4コマ漫画の原理で映像をつなげ、エフェクトを加えて1つの作品を完成させ、ケータイに送信。
全て無料ソフトなので、つくり方さえ覚えれば、自宅のパソコンで何本でも作ることができます。
今年の年末年始は、びっくりするようなステキなご挨拶になること間違ないなし!



ご予約、お問い合わせは下記まで。

電話の場合   03-6382-9646 (MediR事務局)
メールの場合  course@medir.jp (「氏名」、「メール」、「会員か否か」を明記ください)
FAXの場合   03-3205-2595 (「氏名」、「メール」、「会員か否か」を明記ください)
 
[PR]
by medir | 2008-12-15 20:50 | 講座のようす

撮影中級(5)

(某氏があらし行為をしている為コメントとトラバ閉鎖しています)

 撮影中級講座は今日で五回目。なんと今日で終ります。私は今日が最終回だってあまり自覚してなくて、なんだか残念でした。
 今日は街頭でインタビューを撮る事に関しての練習をしました。最低三組にインタビューを取る事。できるだけ、属性が違う人を見た目から推測して選ぶ事をサジェスチョンしてそして後は御任せでした。
 生徒さんと試行錯誤してやってみたのですが、まず、カメラの性能がわかっていないとどれくらいの距離で音が取れるのかわからない為、ずいぶんと被写体に密着してしまう。近寄ったまま話に夢中になるからフレームがズレる・・・という問題がある。
 が、しかし。一回2時間。プレビューの時間を差し引いたらせいぜいが1回の撮影の練習は30分くらい。それを5回だからこの中級講座で3時間にもみたない撮影時間なわけで、そうなってくると「体で覚える」感覚を身につける事は到底無理がある。先週も書いたけれど、自主制作のドキュメンタリーっていうのはリポーターとカメラマンと音声の仕事を全部一度に同時進行で一人がやっている事も多い。(そういう作家が増えている)ましてや低予算なら尚更です。そういう現実があるから、それをいきなり出来る様に求められてもハードルが高すぎるというものなんですよね。
 諦めずに、ぼちぼちと、でも粘り強く、失敗を沢山してみんなおのずと成長してゆくものなのだと思いました!
 生徒さんとはとってもいい交流ができて、それが一番嬉しかったな・・・。
f0158570_421298.jpg

[PR]
by medir | 2008-12-05 04:18 | 講座のようす

「ローフード」〜あなたと世界をキレイにする食べ物〜

(某氏があらし行為をしている為コメントとトラバは閉鎖しています) 
 こんにちは!メディアールで講師を勤めている根来です。今日は石塚ともさんをゲストに御招きしてメディアールにてイベントを開催しました。
 rawfoodというとまだまだ日本では言葉や認識が普及していませんが、有り体に言うとベジ食の一つです。マクロビオティックに挫折した人、マクロを堪能したけれど、更に新たなベジに興味がある人、糖尿病の人、メタボリックな人に朗報です!
 石塚さんとはずいぶんとミッチリ打ち合わせをしたのですが、今回は食事方法だけにかぎらず、女性がかかえる問題(性暴力や家父長制に関連する様々な社会的抑圧に関して)についても言及して頂き、トラウマの克服とローにとの関連にもつっこみました。
 トラウマ問題と性被害と脂肪の関係についていろいろな気づきがありました。ラカスという護身術のトレーナーさんが言及されていた言葉を借りてともさんが説明をしてくれたのですが、「被害体験というものは頭にだけでなく筋肉に記録される。だからどんなに頭で訓練してもいざ被害を受けそうになると筋肉が動かない。体は記憶を刻んでいる」・・・「そしてネガティブな体験というのは脂肪に記憶されると思う」と語ってくれて、なるほど〜って唸りました。  
 この食事方法は体の調子をととのえるだけではなく、頭をクリアにしたり、エネルギーも上がります。その影響なのかともさんをみていると明らかに自己肯定感が上がっているのが手に取る様にわかります。ともさんが、エネルギーをたたえて、その上で長年なやんできたトラウマの問題に果敢にアタックした話を伺って、根来的には「これはトラウマ治療にも有効なんじゃないのか?」と即座に思ったのです。もちろん科学的データがあるわけじゃないのに素人判断かもしれませんが、私もあと1ヶ月試してみて、その結果をみなさんへ報告できるといいかなーと思います。
         
 石塚さんのこの講義はとっても楽しくて、為になって、しかも健康と美が両方手に入っちゃっていい事づくめなのでいろんな人々に伝えたいです。しかも大人気なんで来月も開催することになりました。1月14日のよる19時から21時半です。次回も早めに予約が埋まりそうなので、お申し込みはお早めに!

 石塚さんのブログ「ローフード私をキレイにした不思議な食べもの」 http://rawbeauty.seesaa.net/ 
 自覚安全術「ラカス」 http://www.palette.if.tv/ivent/index.htm 

                         (報告:根来祐)


 ローフードと市民メディアって「生き方」「生きることへの姿勢」という点で、根っこの部分がつながっているなと思います。つまり、自分と社会をクリエイトしていくということ。

 この「自分を」というところが重要。

 社会運動をやっている人は、自分に対して意識を向けることがおろそかになりがちです。特に私が感じるのは、生活習慣や食生活、コンピューター、外国語に対する関心や感度の低さです。人のこと言えた分際じゃないので、自戒もこめて思うことです。
 これらは、自分を健康に生かし、現代に不可欠となりつつある技能を身につけ、見聞見識をひろげるという意味だけにとどまりません。人がつくった箱庭から外に出て、予想もつかない変化と困難の中で、意欲的にモノゴトを創造していく人生を楽しもうとする「生き方」の問題だと感じます。

 石塚ともさんのお話からはそうした前向きな姿勢を感じるので、いつもインスピレートされることがたくさんあります。自らメディアとなって、ローフードで自分に起きた変化を自分の言葉で、しかも社会的視点を織りまぜて語る姿は、市民メディア活動そのものです。
 
 今のところ、食とか健康とか美とかに興味がなくても、自分の人生このままでいいんだろうか、活動にいまいち手ごたえを感じない、時々自分のやってることが嘘臭く感じてしまう、そんな方には是非聞いてほしい講座でした。

石塚さんの講座は来年の1月14日(水)にもおこないます。
お申込はこちらから http://medir.jp/2008late06 

(松浦敏尚)

f0158570_1656513.jpg




f0158570_1701711.jpg

[PR]
by medir | 2008-12-02 17:03 | 講座のようす

長期ドキュメンタリー制作過程3

 長ドキュの3回目の授業でした。今日のお題は「映像言語の理解1」というむずかしいタイトルでした。今日は私はただのサポートで藤井光が講師をしました。本日はいろんな映像をみて、その意味合いについてみんなでディスカッションしました。特に面白かったのは某選挙のCMを使った映像の分析でした。映像の中にどんなカットが潜んでいるのか、それが人にどんなイメージや効果を与えるのか・・・興味深いですね。
 映像の創世記からつい先月に世間を騒がせた映像まで広い時間軸を使いましたが、でもいろんな共通点が見えてよかったです。
 さて、来週も楽しみです!
f0158570_425565.jpg

[PR]
by medir | 2008-11-15 04:21 | 講座のようす


カテゴリ
全体
お知らせ
イベント報告
講座のようす
今日のMediR
Cafe★
つぶやき
本や映画の話
Link
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧